手紙の書き方


手紙の書き方についてですが、
手紙の書き方と一言で言っても
様々な種類、タイプがあるものです。

例えば、ビジネスにおける手紙の書き方や、
宛名、お礼、礼状、季語、時候、挨拶など、
手紙の書き方については、それこそまだまだ多くの
例題が多く、つまりはそれだけ「手紙」と言う存在が
改めて必要性の強いものであり、大切だと言う事が理解できます。

手紙の書き方でも、他に例を挙げてみると、
内定、辞退、お詫び、誕生日、成人式、点字、記念日など、
実に様々な手紙の用途と書き方があるものですね。
これからであれば、卒業式や入学式、退職、転勤、就職、
内定、それら礼状や感謝状も手紙の書き方を連想させます。



語源の手紙の書き方も実に様々でバラエティー
溢れています。
英語はもちろんの事、フランス語、スペイン語、中国語、
ドイツ語、ハングル語、韓国語などの
海外へ手紙を出す人が増えてきた影響によって、
手紙の書き方も、国際化が目立つ一方、
国内における需要の高さも忘れてはなりません。


手紙における、宛名や拝啓、前略などの、冒頭文の書き方や
かしこ、敬具などの、文末の書き方など、
用途に合わせたマナーも要求される場合があります。
これは、手紙の書き方に対するマナーや一般常識として
覚えていくのが大切であるとも言えますね。


記念日にも手紙を使用することが多いが、
敬老の日や、父の日、母の日、合格祝いなど、手紙の書き方は
時代の変化が感じられても、人の心の「バリエーション」
が変化されない限りは、心ある温かい手紙を書きたいものである。


現在の電子メールである、携帯電話やパソコンと違うのは、
人間の感情が手紙を通して直接的に感じられる
部分だと思われます。

携帯電話からのメールやパソコンメールなどの普及により、
手紙そのものを書く機会が減ったと感じてますが、
相手に気持ちを伝える手段の一つである手紙は
これからも無くす事の出来ない、大切な、
人と人とのコミュニケーションを築いていくものだと
感じてなりません。

この、素晴らしい「手紙」を私たちの手で守っていきましょう!


| 手紙

手紙について

手紙とは、私たちの生活の中において
どの様な役割や役目を担っているのでしょうか?

手紙って、それほど重要でしょうか?
これだけ通信網がデジタル化している時代に
携帯電話やパソコンのメールで友達との話や
仕事の用件まで済んでしまう時代なのに、
手紙なんてもう、時代遅れ・・・?

そんな風に思う時ってありますが、
実は、そんな事はないのです。
手紙は時代が変わっても、私たちにとっては
重要な役割や役目を常に担っているのです。


メールや電話にはないものが手紙にはあります。
それは・・・「形に残る 心」なのです。
人が心をこめて書いた手紙は、形として残り
いつまでも書いた人と書かれた人の心を結ぶ
大きな役割を担っているのです。

だからこそ、「手紙の書き方」が大切だと
私は考えます。

手紙の書き方を正しく覚え、
心が伝わる素敵な手紙をあなたも書いてみませんか?
手紙はこれからも永遠に変わることのない
大切な思い出を作ってくれるでしょう。

手紙の書き方を基礎から覚えよう!

| 手紙